転職関係ならどんな質問も可!転職エージェント

転職エージェント,質問

公共職業安定所だけではなく、求人を紹介する業者は、ずいぶん昔からありました。しかし、それらは、求人情報を紹介するだけでした。それら情報の中から、就職希望者や転職希望者は自分に合った仕事を探すわけです。まだインターネットのない時代でした。だからこそ、情報が少なかったのです。どの会社が、どんな会社かなど、知る方法もないのです。 だからこそ、職業安定所は信頼できたのです。なぜなら、情報を提供するだけではなく、就職の相談に乗ってくれたり、質問を受け付けてくれたりしたからです。 しかし、現在の事情はかなり違っています。転職エージェントなどは、むしろ職業安定所をしのぐほどのサービスを展開しています。紹介する仕事の数もさることながら、会社との密な連絡を背景に、求職者からの具体的な質問にも、まるで会社の人であるかのように答えてくれます。 入りたい会社が見つかれば、履歴書の書き方や、面接の心得なども指導してくれます。さらに、自分の活動とは別に、業者がその会社に対して、自分を売り込んでくれるといったサービスまで行っています。しかも、無料です。 転職を考えている人にとっては、転職エージェントは頼もしい味方です。良い仕事がなくならないよう、早い段階で灯篭だけでも済ませておいたほうが良いでしょう。

※ 薬局に比べて少ない【病院薬剤師 求人】を探す方法

転職エージェントを複数利用するメリットとデメリット

転職エージェント,質問

転職エージェントとは、正社員採用を考えている企業からどんな人材を求めているか聞いて、そういう人材を探す仕事を受注し、転職希望者の要望を聞いてそれにマッチングした企業を紹介する、企業と転職希望者の仲介をする業種の会社です。 それで転職希望者は、転職エージェントに希望の職種とか条件を伝えますが、必ずしも希望の条件に合った企業を紹介してくれるとは限りません。希望に合わない企業を紹介される方が多いです。何故なら希望に合った条件の企業が無ければ、転職エージェントとしてはとりあえず就職してもらおうと何でも紹介します。 それで一つの転職エージェントだけに登録していては、希望の業種が見つからないので、複数に登録すべきです。複数に登録すれば、希望の条件に合った企業を紹介される可能性が高くなり、その企業に就職しやすくなります。 ただ複数に登録すると、面接のタイミングが被ったりして、一方を断らなければいけないデメリットが生じます。日がずれていても内定が決まれば、他の面接のセッティングは断らざるを得なくなり、そういう煩わしさが出来ます。 しかし転職は人生においてとても大切なことです。面倒だからと逃げていてはせっかくのチャンスを逃します。だからこういう時は面倒でも我慢して対処して、問題をクリアすることです。

※ 薬剤師さんのための【漢方薬局 求人】探し方ガイド